出張エリア

≪ 静岡県 ≫
・浜松市 ・川根本町 ・磐田市 ・静岡市 ・

袋井市 ・焼津市・菊川市 ・吉田町 ・

掛川市 ・牧之原市 ・島田市 ・

御前崎市・藤枝市 ・湖西市 ・

新居町 ・森町

≪ 愛知県 ≫
・豊川市 ・小坂井町 ・

豊橋市 ・蒲郡市 ・新城市 ・岡崎市

※詳しくはお電話、メールにて

お問い合わせください。

株式会社ソーラーパートナーズ
日本PVプランナー協会

太陽光発電メンテナンス

   太陽光発電メンテナンス
 
 太陽光発電のモジュールは寿命が長い商品です。その分、トラブルや故障が起きても気づかず、発見しづらいで発電効率が低下する原因です。だから、太陽光発電のメンテナンスが重要だと思います。株式会社オーデンで太陽光発電システム購入(施工工事含む)されたお客様に1年間と4年間の2回無料点検を実施してます。3回目からのメンテナンスは有料になります。毎年にメンテナンスを行うことによって、早期に機器の故障や不具合を見つけることが出来ます。

陸屋根のメンテナンスは太陽光発電モジュールと架台を点検します。特に太陽光発電の架台はしっかり点検する必要があります。この時、架台に固定している各ボルトやナットをスパナで緩みを確かめます。

パワーコンディショナーでは電圧測定と絶縁測定と抵抗値測定など点検します。この時、使う測定器はソラーメンテです。ソラメンテは正確で電圧と抵抗値を測定します。もし、故障のパネルがあればOL表示されて、故障パネルを発見する事が出来ます。

太陽光発電パネル洗浄

 2109年に弊社が太陽光メンテナンスの新しいシステムを導入しました。太陽光パネルに付着した汚れは発電量に大きく影響を与えるだけでなく、放置しておくとホットスポットの原因にもなります。洗浄作業を行い、発電効率の向上やパネルの長期的な維持管理をご提案しております。気軽にお問い合わせください。

iSolarのソーラーパネル洗浄 特徴

2012年7月よりスタートした、再生エネルギーの固定価格買取制度により、太陽光発電システムの普及が進んでおります。
設置された太陽電池モジュール(ソーラーパネル)に、花粉や黄砂、鳥の糞などの汚れが付着すると、発電効率が低下するだけではなく、パネル破損などの思わぬ事故につながる可能性もあります。

ケルヒャーの太陽電池モジュール洗浄用アクセサリー「iSolar」は、高い洗浄能力と様々な設置環境に対応する柔軟性で、太陽光発電システムの発電効率を高いレベルで維持できます。

1.高い洗浄効果
モジュール表面を傷つけることなく直接ブラッシングして汚れを除去します(※)。
雨水では落ち切らない、こびりついた鳥の糞なども効率よく洗浄することができます。
専用洗浄剤 RM 99との併用で、さらに効果的な洗浄が行えます。
2.柔軟なシステム性
柔らかいブラシの洗浄幅やランスの長さを選択できます。
作業場所や洗浄面積に応じて最適なアクセサリーを組み合わせて使用できます。
3.高い作業性
最大800mmの洗浄幅のブラシと長さが調節できるランスで、広範囲を短時間に洗浄でき作業時間を短縮できます。
専用洗浄剤 RM 99は反応時間をおかず、かつ洗浄後のすすぎ洗いも不要で作業時間を短縮できます。
  専用の洗浄剤
    

   iSolarとの併用で、太陽電池モジュール表面に付着した汚れを効果的に洗浄します。

  洗浄後にウォータースポットが付きにくく、汚れの再付着を軽減します。

img_iSolar_promo_05_620x310

 以上で弊社の太陽光発電パネル洗浄機械をご紹介させてきいただきました。

 太陽光発電パネル洗浄

 現場に行く前に会社で水タンクや太陽光発電パネル洗浄機械などトラックに積みます。

 高さ2メートルの太陽光発電所でも脚立とランスの長さ調整を利用して、余裕で届きます。丁寧に上のパネルから1枚ずつ洗浄します。ブラシは柔らかいため、固まったの鳥の糞や汚れが上手く取れないです。その時はガラス用の小さいブラシで手で擦ります。固まったの鳥の糞や汚れ取れたら再び、ケルヒャー洗浄機をかけます。これまですれば、パネルの表面にコーティングができて汚れつきにくくなります。発電効率も上がります。パネル洗浄の後、パネルの表面がピカピカになります。

お客様の自宅倉庫に設置された太陽光発電パネルも洗浄をやっております。延長ホースを繋げばどんな高さでも対応ができます。パネルを洗浄する時に割れパネルを発見するとこがあります。

        太陽光パネルを鳥害から守る 

 鳥による被害の中でも、特にハトは帰巣本能が高く繁殖力も高いため、営巣するケースが増えています。鳥の引き起こされるトラブルはフン害(汚れなど)、騒音、パネルの故障・トラブル、発電効率の低下があります。

フンは太陽光パネルのトラブルを招くばかりではなく、感染症など健康被害も発生させますので、早めの対策が必要です。

  太陽光発電パネルと屋根の隙間はハトなどの鳥によっては雨風の天敵から逃げる格好の場所です。鳥は数センチ程度の隙間があれば侵入が可能で、侵入してしまった場合は営巣、糞害、ケーブル損傷、腐食が起こってしまいます。屋根や太陽光発電パネルなど鳥からの影響を防ぐため、「日本製でステンレス素材の防鳥ネット」にお任せてください。柔軟性のある特殊なフェンスはマス目10mm。凹凸のある屋根にもフィットさせることができ、専門取付金具でしっかり設置することで鳥の侵入を許しません。パネル新設のタイミングで予防として設置いただければ安心です。
 上の写真はある現場で撮った写真です。売電が終了する太陽光発電で新しいパネルを付け替えする際にパネルの下に鳥の住み着きで土や鳥糞などたくさんありました。新しいパネルを付けるために屋根の全体に掃除しなければなりません。4人でゴミを取り屋根の全体に洗って、半日掛かりました。太陽光発電を導入することで、様々なメリットを得られますが、運用していくと鳥が太陽光発電に住み着いてしまい、様々な被害に遭われいる方がいらしゃいます。糞害や鳥害に困っているお客さんはご気軽くご相談ください。お待ちしております。

掃除した後にしっかり綺麗になりました。新しいパネルを交換した後、弊社の自慢の防鳥ネットを施工します。防鳥ネットを付けることで鳥害を避けれるため、太陽光発電パネルの寿命が長くなります。

 上の写真は防鳥ネット施工済現場です。お客さんが鳥害を防止することで防鳥ネット施工の依頼がきました。屋根のパネルの間に鳥の侵入があったため、周りを防鳥ネットを付けました。防鳥ネットを付けた後に鳥が侵入する事がなかったです。